二百万円。
それが、一般的な葬儀にかかる費用の相場です。

葬儀の一式に百二十万ほど。
参列者の飲食費、接待費などで四十万円ほど。
寺院に支払うお布施や戒名代などが残り四十万円ほど。
あくまで一般的な費用の相場ですが、これで二百万円。

葬儀には、多額の費用がかかります。
あなたは、葬儀にどれくらいの費用をかけられるでしょうか? どれくらいの費用なら、納得して葬儀を行うことができるでしょうか?
二百万円という費用を、簡単に支払える人はほんの一握りだと思います。多くの人は、やはりその多額の費用の前に、躊躇を覚えるのではないでしょうか。
しかしそれでも、故人のために行うものだと納得して、二百万円もの大金を支払っているのではないでしょうか。

しかし、そもそもこの相場には何の根拠もありません。
葬儀の一式に、本当に百二十万円も必要でしょうか?
四十万円分の飲食接待費がかかるほど、参列者を呼ばなければならないでしょうか?
寺院に支払うお布施や戒名代。これなど本当に、相場の根拠がありません。四十万円支払う必要が本当にあるでしょうか?

葬儀の費用に疑問を持つ人は多いと思います。特に近年では、この相場よりもはるかに低い費用の水準で、家族葬が行えるようになりました。
家族葬は、葬儀の規模を小さくする代わりに、費用水準をぐっと下げることができます。
一般的な葬儀の相場が二百万円であれば、家族葬にかかる費用はぐっと下がります。
家族葬の相場は四十万円ほどです。一般的な葬儀にかかる費用とは、比べ物にならないほど安く済むのです。

ではなぜ、家族葬はこれほどまでに安くできるのか。
その理由は、いったいどこにあるのでしょうか?

話題のサイト